ハシケン32歳の私見

神戸市会議員 橋本 健のブログ
http://www.hashimoto-ken.com
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 隣の街の関心事 | main | どうしたらいい政治をしてもらえる政治家が生まれるか >>

隣の街の関心事パート2

前回はちょっと書き過ぎたかなぁ。と
反省をしつつ、
でも「都構想」「教育基本条例」「維新の会」「最近の橋下氏」
の4つについて冷静に考えてもらいたいと思っての投稿でした。

さて、今回は平松市長についても意見が聞きたいと言われたので。
平松市長について記述してみます。
あんまり書くことはないんですけど。。
橋下知事については評価すべき点が多かったし、
とても興味深く見守っていたものですから。。

以下ハシケンの私見。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私は以前より平松氏に対しては否定的な立場である。
それは労組を支援団体にもつ民主党推薦の市長だったからだ。

わかりやすく言えば、民主党という政党は市職員に対しては
あまり厳しいことを言わない。
職員数の削減、民営化、民間活力の導入、給与削減などの
取り組みが鈍いということだ。

自民党議員はといえば、自らが推薦した市長でないわけで
常に対立をしながら市政運営が行われてきた。

ちなみに、大阪市会では自民党が第一会派であり
市長への発言力が大きかったことは好材料だった。
慣れ合い政治になることなく、
しっかりとチェック機能を果たすことができたのだ。

そのおかげとは言わないが、平松市長は努力の末
一定の実績を残されてきたことは評価される。

市債残高を4000億円削減し、職員定数も15000人削減。
WTCの売却、市営地下鉄では累積赤字を解消するなど。

しかし、それ以上の取り組みを求める自民党議員から
すればまだまだ物足りなく、
追及の手を緩めることはなかった。

本来なら今回の選挙で自民党が平松氏を支援することは
ありえないはずだった。
しかし、「維新の会」の誕生で事情が変わってきた。

補欠選挙において維新の会が大勝したのをきっかけに、
維新の会へ移籍する議員が続出(多くは自民党議員)。
4月の統一地方選ではついに第一会派へと躍り出た。

そして「大阪都構想」を一番大きな公約に掲げ
橋下氏自らが市長選挙への出馬を表明する事態となった。

この動きを受けて、自民党は平松氏支援を模索し始めた。

なぜか。
この「大阪都構想」だけは認めるわけにいかないからだ。
他の政策がどれほど素晴らしいものでも、
大阪市の解体を公約に掲げている橋下氏を認めるわけに
いかないからだ。
こんなむちゃな公約が掲げられなかったら、
もっと市政全般についての政策論争が交わされたはずである。

「大阪都構想」は爆弾なのだ。
どれだけ立派なマニフェストを掲げても、
どれだけ維新の会のマニフェストのほうが優れていても、
たった一つ、「大阪都構想」という
大阪市を「解体」してしまう政策があるだけで
その他を議論することなく排除するしか道がないのだ。

この究極の消去法を迫る市長選挙にしてしまった
維新の会の罪は大きい。

結果、自民党大阪市議団は幾度も協議を重ね、
政策協定をしっかりと行ったうえで平松氏支援を決定した。

平松市長に対する私の見方はこれ以上なにもない。

もしも、平松市長が再選されたら。
議会のチェック機能がしっかりと働きながらの
市政運営・議会運営ができるかもしれない。
ただし、スピード感やインパクトは小さいかもしれない。

もしも、橋下氏が当選されたら
市長の独占、独走、独裁?になるかもしれない。
議会のチェック機能は当初働くだろうが(他会派が過半数のため)
後にリコールかなにかで排除されるかもしれない。
(橋下氏当選後に維新の会になびく議員もいるだろう。)
ただし、スピード感やインパクトはかなり大きいかもしれない。

あとは大阪市民が決めることだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何度も言いますが、橋下氏の政策は優れたものが
たくさんあります。ひとつひとつ、私もとても評価しています。
以下、私がmixiに頂いた
「橋下氏は現状危険な感じがするし、しかし平松氏が良いとも思えない。。」
というコメントへの返信に記したものです。


「〜略〜
おそらく橋下さんは本当に大阪の活気を取り戻したいのだと思います。本人には違うと言われるかもしれませんが、おそらく副首都を 大阪に作りたいのだと思います。いわゆる伊丹廃港論とセットのやつ。 私も首都機能のバックアップを大阪に創る事には大賛成です。 私もこれこそ関西経済浮揚の起爆剤となりえると思います。 ところがこの構想から「大阪都」だけが独り歩きしてしまい、 「副首都とセットで初めて大阪都」が成立するはずなのに、 気がつけば大阪市を解体して東京23区っぽい特別自治区を作って、 まるで東京都っぽい大阪にすることが大阪都構想になってしまったことで数多くの論理矛盾が生まれているんじゃないかと思います。 副首都構想の実現が難しいいま、名前だけを都にし、 中身を東京都っぽくしたところで大阪の浮揚はないんじゃないかなぁと思います。 冷静に考えれば、大阪遷都か、副首都創設ができなきゃ 「大阪都」じゃないですからね。(遷都の場合皇居も移転しなきゃ。) 平松さんが良いようにも思えない…。同意です。 でも選挙はどちらかを選ばないといけないから、私は…。橋下氏にはもう少し現実的な主張で闘ってほしかった。 このままでも圧勝かもしれないけど、それができていれば もっと大きなものが得られる選挙になるような気がしてなりません。 」

これが私の見方です。


 

- | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

書き過ぎということは無いでしょう。
政治家である以上、自分の信念を有権者に判断してもらえば良いだけですから。
迎合せず、批判は声を大にすればいいと思います。

で、噛みつきついでにもう一つ教えて下さい(笑)

政令市の議員さんに聞くのもなんですが(笑)
大阪市がなくなると何故駄目なのですか?
都構想の出発点は府や県よりも権限が強い政令市の在り方を問うものだったと認識しています。
前回の記事で二重行政を解消するには
府の権限を市に譲渡すれば済むと仰っていますがそれはあべこべなのでは?

私の知ってる人は「地方自治は痴呆自治。近代国家には必要ない」とまで言っています。
ただでさえ小さな国なのにその力をわざわざ分散させて弱体化させてどうするんだということです。

私はそこまでは言いませんが少なくとも地方自治は県議会で十分だと考えます。
中央集権は古いという考えもあるのでしょうが
私に言わせれば地方分権は江戸時代、幕藩体制への逆戻りですよ。


今回の選挙は私は非常に楽しみに見ています。
連合の組織票にどう対抗するのか?
民主主義の下に合法的にもう一度独裁者が誕生するのか?(笑)
この結果が政令市の在り方に一石を投じる事になるのか?


以上、またまた言い過ぎました(笑)


あおき | 2011/11/12 10:59 AM
あおきさん、こんばんは。

大阪市がなくなると何故駄目なのか、といえばそれは大都市としての役割をもつ自治体がなくなるからです。

都構想の出発点は府や県よりも権限強い政令市のあり方を問うものだ。というのはあくまで橋下氏の考え方であって世のスタンダードではありません。

私の記憶が正しければ、先にも述べましたが、橋下氏の都構想という出発点は副首都の建設だったような気がいたします。いつのまにか、二重行政の解消や効率的な基礎自治体の大きさ論に話しが振れていったのではないでしょうか。

元々橋下氏が推進されていた道州制は府県の存在をなくしてしまうものだったはずです。
そのかわり広域行政を担当する道州と市町という基礎自治体で包括的な行政を行うとしていたはずです。この時点で彼の主張には矛盾が生じます。

政令市の立場でいえば、大都市という特殊性を伴う自治体だということをしっかりと主張しなければなりません。例えば夜間人口と昼間人口では1.5倍程度違うこともありえます。その都市と一般市を同様に扱うことは不可能です。例えば県行政において神戸市を一般市とみなしてしまえば、県会議員の割合で絶対的少数となる都市部の政策が都市部のために行われなくなります。橋下氏は、人口比なのだから県議が少なくて当たり前。政策が通らなくてあたりまえ。それが民主主義だと主張しているようですが、おそらくこれは彼の中でもおかしい主張だと分かっているはずです。先にも述べましたが、実際にその都市のサービスを利用する人はその都市に限定されていないということ。そしてどこかの点で集中的に経済活動が行われるようにしなきゃならないということは彼の言葉の中にもでてきました。点の発展を増やして行き面にするとおっしゃっておりました。しかし、例えば大阪市を9つに分割した時点で、それぞれの特別自治区が基礎自治体となってしまえばその点が1つ消失することになります。さらにいえば、小さな国なのにその力を分散させては、、、というあおきさんのコメントにもあるように大阪市を分割すればされにその力を分割させることにもなります。例えば大阪市を廃して、大阪府という大きさの自治体でそこまでの発展ができれば私も意見するところはありません。しかし、東京都のように大阪都がなるとはとても思えません。それを可能にせしめるとするならば遷都か副首都の実現しかないでしょう。
ちなみに橋下氏は必要なのは地方分権だと主張されています。その地方の1つである大阪市は大きすぎて市民サービスが適切に提供できていないから細分化しようと主張されております。ですので橋下氏の考え方はあおきさんの考え方ともまた違うのだと思います。

私も今回の選挙は非常に楽しみに見ています。
神戸市議ハシケン | 2011/11/13 1:31 AM
非常に丁寧な御回答ありがとうございます。
政令市の役割がおぼろげながら認識できました。
ただ、やはり政令市>県という構図には矛盾を感じますが(笑)


私は橋下氏の主張には必ずしも賛同しているわけではありません。
以前にも書きましたが彼にはマキャべリストの匂いがする。
橋本先生が指摘される橋下氏の論理矛盾には
彼自身に権力を集中させようとしている事が読み取れます。
彼が権力を握ると今の民主党と同様、何をしでかすか分からない香りがプンプンと漂っています。
しかし、その香りに魅力を感じるくらいの閉塞感が漂ってるのもまた厳然たる事実なんでしょうね。

鬼が出るか蛇が出るか、楽しみにしておきましょう(笑)


最後に私は道州制は反対です。
そんな事をしたら今の日本人はしまいめに
日本から独立する!と言いかねませんからね。
物事が正しく行われるには何事も教育が大事です。
神戸の教育は任せましたよ!
あおき | 2011/11/13 11:37 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/11/25 3:26 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2012/01/15 12:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hashimoto-ken.jugem.jp/trackback/72
この記事に対するトラックバック