ハシケン32歳の私見

神戸市会議員 橋本 健のブログ
http://www.hashimoto-ken.com
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ハシケン3期目への訴え | main | ハシケン3期目への訴え >>

ハシケン3期目への訴え

医療について

 市民が行政の提供する医療に関係するサービスで最も
 わかりやすいのが、救急や予防事業である。
 いま、救急車を要請して到着がはやくても
 受け入れ先の病院を探すことに長い時間を要することがある。
 非常に困ることである。
 中央市民病院は命の危険性のある患者を最優先に
 診療するという3次救急を担う病院であるから、
 多くの搬送先は2次救急病院となる。
 その多くが民間の病院である。
 民間の病院も医師の確保など非常に困難な状況にある中
 市民の救急サービスを高いレベルで維持するには
 行政の支援策が必要である。
 その実現にむけて働きかけていきます。
 また、予防事業については将来の医療費抑制や
 健康寿命の増加のためにもあ充実させる必要がある。

 私は歯科医師であり、
 まさに医療の現場に身をおく立場である。
 医療にイデオロギーはない。
 これが私の信念である。目前にある命はなんとしても救う。
 これがすべての医療人に共通する命題だ。
 その命題をしっかりと果たすためにも
 しっかりと行政にはたらきかけていく。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hashimoto-ken.jugem.jp/trackback/77
この記事に対するトラックバック